わが家のどうぶつ保険事情

こんにちは。

スタートダッシュに大変疲れてしまい、

少しSNSから離れ、復活しました。

 

 

 

f:id:comeko:20181105001334j:image

 

 

 

自己紹介でも軽く触れていますが

うちには、9歳と5歳のフレンチブルドッグ

います。

私も子育てをしながら、飼い犬のお世話もなかなか大変です。

ですが、

それ以上に、幸せをくれる2匹です。

 

 

フレンチブルドッグは、皮膚病や眼球の怪我

ヘルニアなどの病気リスクが高いと言われています。

 

 

小さな頃から、割と皮膚や体調がデリケートな

1匹目は、大変病院にかかることが

多いです。

 

 

 

 

うちの子になると決まったその日から、

動物の保険に加入しています。

 

 

 

 

 

その当時は、あまり保険なども調べたりしていなかったので、

お勧めされた アニコム保険 

に加入することになりました。

現在は、動物の保険も種類が増えているので、

色々比べたり出来ますね!

 

 

 

 

 

保険の内容としては、

受診料の

50%もしくは、

 

70%を負担してくれるもの。

 

回数の制限があるもの、

 

ないもの。

 

↓↓↓↓

 

 

①50%負担してくれる 回数制限がないもの

 

②50%負担してくれる 回数制限があるもの

 

 

③70%負担してくれる 回数制限がないもの

 

④70%負担してくれる 回数制限があるもの

 

 

※支払い保険金は、対象とならないものもあります。

 

 

ざっくり言うと、

4種類あります。

 

 

 

 

 

うちの子は、

9歳の子が①

5歳の子が②

 

 

で加入しています!

 

 

 

保険の種類としては、4種類ですが、

犬種やどうぶつの種類、年齢により、

保険料が

異なります!!

 

 

 

 

犬種では、

Aクラス〜Eクラスの5つの区分で

分かれていて

アルファベットか進むに連れて、

保険料が高くなります。

 

つまり、Eクラスの子は、犬種としても

病気やケガのリスクが高いということのようです。

 

 

ちなみに、

例えばであげてみると、

A チワワ  

ミニチュアダックスフンド 

C  マルチーズ

D  スコティッシュテリア

E  アメリカンコッカースパニエル

 

 

(私が独断で抜粋しました↑H30.11現在でのお話です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最近、何種類かの犬種が、

クラス改定されました。

 

 

そして、、、

フレンチブルドッグは、

 

 

Eクラス 

 

 

 

になってしまったのです涙

 

 

 

 

今年はふたり分合わせると

 

16万円ほどに

 

なるのです。

 

 

①約102000円

②約62000円

 

 

 

トホホ……

 

 

 

しかし、毎月最低1回は皮膚のケアで病院にお世話になっていたり

 

 

予期せぬ

事故が突然起きたりします。

 

 

 

子宮蓄のう症

 

ケンカでケガ

 

 

 

 

 

など、、、

突然起きてしまうことがあります。

 

注意してみていても、

全て防げないことも。。。

 

 

 

 

突然の手術や治療でも、

その場の会計で、使える保険に、

助けられています。

 

 

 

 

保険料もなかなかするなぁと、

正直思う時もありますが、

利用しているし、その他は安心料としての

支払いでも良いのかな。

 

 

と思っています。

 

 

 

 

節約は大切だけど、

うちの子にと出会った命を

守るために。

 

 

 

同じ内容で、よりお得な保険商品が出ればと

思いますが、なかなかどうぶつさん対応の

保険では難しいのかな。

 

↑何か良い方法ありましたら、

ぜひ教えてください!

 

 

 

今回も最後までご覧いただきありがとうございます!

次回もよろしくお願いします!