《保活》保育園入園の申請

ただいまの季節は、新年度に向けての保育園入園の申請の時期ですね。

 

 

 

待機児童が多かったり、保育士不足だったりと

入園させたくても出来ない状況の親御さんもたくさんいらっしゃいますよね。

 

 

今回は、うちの場合ですが、

保育園入園の申請についてお話をしていきたいと思います。

 

 

f:id:comeko:20181021234858j:image

 

現在、娘は年少(3歳児)です。

1歳児のときに

タイミングや条件が良かったようで保育園に

入園できました。

 

 

 

 

 

 

うちの場合は

入園に必要な点数が、他の家庭より多かったかもしれません。

 

 

 

 

 

・両実家が、遠方。飛行機に乗らないと行けない距離。

・両方が正社員で、私が育休取得のため復帰する。

 

 

 

 

が、加点ポイントになったかと思います。

 

 

保育園入園の優先度は、条件を点数化した

この加点が重要になってきます。

 

 

 

家庭で保育が出来ない条件が多いほど、

加点されるようです。

必要書類に加点の用紙があるので、

チェックを入れていく形になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

もうすぐ1歳の息子ですが、

おそらく1歳になった今年度中の入園は、

難しいと思われます。(枠が埋まっているはず)

ですが、育休の延長は、

職場に入園ができませんでしたという

《不承諾通知》を提出しなければなりませんので、

一応1歳での途中入園の申請も市に提出します。

 

 

 

 

ですので、

・途中入園の申請書類

・来年度入園の申請書類

 

 

 

 

この2セットを用意し、市に提出しなければなりません。

 

f:id:comeko:20181021234843j:image

必要な書類(うちの地域の場合)

・支給認定申請書

・児童調査票

保育所等の入所に関する確認票

・申込補助票

・就労(内定)証明書

です。

あと、個人によって必要書類はあるかもしれません。

 

 

 

 

 

職場に、就労証明などを記入してもらわなくては、ならないので時間に余裕を持ち、

動くようにしています!

 

 

 

 

 

小学校に行くと、学童や放課後預かりサービスなどを利用することになると思いますが、

認可保育園の場合は、延長料金はかかりますが最高20時ごろまで預かってくれる場所もあります。

学童になると、18時ごろまでのお預かりになるようです。

 

 

子どものことを考えながら、

働く自分の状況などを変化しながら生活していかなくてはと

思っています。

 

 

家族が笑顔で過ごせるように、

頑張って働きたいな。

息子よ、入園できるかな。

 

 

保育園を必要としてる方が、

入園出来、子どもたちが安心して楽しく保育園で過ごし、

親御さんも気持ちよくお仕事が出来ますように。

 

 

 

今回も、最後までご覧いただきありがとうございます!

次回もまたよろしくお願いします。